診療理念・基本方針

小山記念病院の理念

理事長 小山典宏

理事長 小山典宏

私たちは医療を通して地域・社会の皆様の、健康と豊かな文化生活の維持向上に寄与するとともに、地域の信頼を高め、地域と共に発展する病院をめざしております。
患者様の心をわが心とし、常に新しい時代環境に適応した医療づくりに努め、患者様のご希望とご期待に応えるべく、医療の向上と技術の研讃に励み、最高の医療を提供することをめざしております。そのために「医療は人なり」の理念に基づき、全職員個々の人間性の育成、適性の養成、適所へ人事を継続徹底し、全員がその持てる力を十二分に駆使し、広く大きな総合力を発揮できる、自由で闊達な病院づくりに努めます。心と体、技と魂が一体である「全人」こそが、愛をもって仕える医療に携わる資格であると私たちは考えます。

【理念】

私は、心から患者様の身になって医療行為をいたします。

基本方針

  1. 急性期病院をめざします。
  1. 地域医療の充実を図ります。
  1. 高度医療の提供をめざし、安心した医療を実践します。

患者様の権利

  1. 良質かつ高度な医療を受ける権利
    公平に適切で、安心な医療を受ける権利を有します。
  1. 自由に選択できる権利
    医師、病院の選択や変更が、自由にできます。
  1. 自らの意思で決める権利
    十分な説明と情報を受けた上で、治療方法などを決める権利を有します。
  1. 十分な情報提供を受ける権利
    セカンドオピニオンが保障され、十分な医療情報を受ける権利を有します。
  1. プライバシーが守られる権利
    医療上の個人情報や、プライバシーはすべて保護されます。
  1. 個人の尊厳が保たれる権利
    常にひとりの人間としての人格を尊重される権利を有します。

臨床倫理方針

  1. 患者様の人権と自己決定権を尊重し、十分なインフォームド・コンセントにより医学的適応に基づいた適切な医療を行います。
  2. 生命倫理に関する法律及びガイドラインを遵守します。
    1. 人工妊娠中絶に関しては、「母体保護法」を遵守します。
    2. 胎児診断に関しては、日本産婦人科学会の見解を遵守します。
    3. 脳死判定、臓器提供に関しては、各ガイドラインに基づいた院内規程により適切に行います。
    4. 終末期医療に関しては、当院の「終末期医療ガイドライン」に基づき適切に対応します。
    5. 宗教上の理由による輸血拒否に関しては、「宗教的輸血拒否に関するガイドライン」に基づき適切に対応します。
  3. 生命の尊厳に関する問題、医療行為の妥当性に関する問題については、倫理委員会等において審議を行ない、治療方針を決定します。
  4. 臨床研究は、被験者の人間の尊厳及び人権を守り、「小山記念病院臨床研究倫理規定」に基づいて行います。

 

当院では、出産に関するホットラインを設けております。
当院受診中の方で、妊娠・産後・育児等で困った時には何でもお気軽にお尋ねください。

産婦人科直通電話TEL.0299-84-1103

産科直通メールsanka@sopia.or.jp

尚、ご質問の内容により、回答にお時間を頂戴することもありますので、予めご了承下さい。