ソーシャルメディアガイドライン

近年、通信環境の充実に伴い、インターネットや携帯電話、スマートフォンの利用者は爆発的に増加しています。それと同時にブログやフェイスブック、ツイッター、You tubeといったソーシャルメディアの利用者数も激増しています。当院においてもソーシャルメディアを利用する職員が大半となっています。ソーシャルメディアは非常に便利な通信手段ではありますが、その反面で利用者の倫理観、危機意識によっては個人情報の流出や共同体形成において多くの危険を孕んだものでもあります。
小山記念病院(以下:当院)では、個人情報保護に関する研修を実施し、職員への啓発活動をおこなってまいりましたが、ここに至り個人情報保護の観点からもソーシャルメディアの運用指針およびガイドラインの策定が急務であると考え、小山記念病院ソーシャルメディアガイドラインを策定いたしました。

はじめに ガイドライン策定の目的とソーシャルメディアの位置づけ

ソーシャルメディアの定義

当院が定めるソーシャルメディアとはブログ、ツイッター、フェイスブック、ミクシー、2ちゃんねる、You tube、電子掲示板、ホームページ等の利用者からの情報発信が可能であり、利用者と閲覧者が相互に情報のやり取りが可能であるインターネット上のメディアを指します。 ソーシャルメディアは、自己表現、通信手段、情報収集、共同体形成のうえで非常に有用な通信手段である反面、発言や公開した情報が原因となり揉め事を引き起こし、大きな問題に発展してしまうことがあります。
そうした状況を踏まえ、当院で働くすべての職員はソーシャルメディアを利用する際に慎重を期する必要があります。あくまで個人の発言といっても当院や他の医療機関、あるいは医療に関する内容により問題が発生した場合、個人に対する信頼の失墜だけではなく、多くの関係機関への信用の失墜を招く危険性を孕んでいます。ソーシャルメディアの利用にあたってはこれらの点に十分に配慮する必要があります。 このような背景のもと、当院に勤務するすべての職員がソーシャルメディアを利用するにあたり遵守すべきことを明らかにするために本ガイドラインを策定しました。

小山記念病院ソーシャルメディアサービス利用管理規程

第1条(目 的)

この規程は、ソーシャルメディアサービスを利用するに当たり、それを適切に利用すること、その利用に対しての原則等、必要な事項を定めたものである。

第2条(適 用)

この規程で定めるソーシャルメディアサービスとは、ブログ、ツイッター、フェイスブック、ミクシー、2ちゃんねる、You tube、電子掲示板、ホームページ等に代表されるインターネットを利用してユーザーが情報を発信し、あるいは相互に情報をやりとりする情報の伝達手段を いう。

第3条(適用範囲)

本規程は、全ての従業員に適用する。

第4条(基本原則)

従業員は、ソーシャルメディアサービスを利用して情報発信を行う際、次の各号に掲げる事項を遵守しなければならない。

  1. 当院は、透明性と誠実性が重要であると考えており、匿名性の高いソーシャルメディアサービスへの情報の発信は、可能な限り自粛すること。
  2. 小山記念病院職員であることを自覚し、責任を持った情報発信を行うこと。
  3. 掲載した内容については、個人的に責任を持つこと。尚、長期間公開されることに留意し、自身のプライバシー保護に努めること。
  4. 法令および就業規則に定める服務、情報管理規程等を遵守すること。
  5. 職務上知り得た秘密や個人情報を含む情報発信は行わないこと。
  6. 使用者および第三者の権利を侵害する情報発信は行わないこと。
  7. 業務に関する従業員の個人的な状況や意見等の情報(職務上必要な場合を除く)の発信は行わないこと。
  8. 誹謗中傷や不敬(礼儀にはずれること)な言い方を含む情報発信には十分留意すること。
  9. 基本的人権、肖像権、プライバシー権、著作権等に関して十分留意すること。
  10. 公序良俗(国家社会の秩序、善良のしきたり)に反する情報発信をしないよう十分留意すること。
  11. 取扱う情報は信頼性を確保し、正確に記述するとともに、その内容について誤解を招かぬよう留意すること。
  12. 意図せずして自らが発信した情報により、他者を傷つけたり、誤解を生じさせた場合、速やかに訂正すること。そして、誠実に対応すると共に、正しく理解されるよう努めること。
  13. わいせつな内容を含むホームページへのリンクには十分留意すること。
  14. 人種、思想、信条等の差別、または差別を助長させる情報には十分留意すること。
  15. 違法行為または違法行為をあおる情報発信は行わないこと。
  16. 単なる噂や噂を助長させる情報発信には十分留意すること。

付  則
この規則は平成24年5月21日から施行する。

当院では、出産に関するホットラインを設けております。
当院受診中の方で、妊娠・産後・育児等で困った時には何でもお気軽にお尋ねください。

産婦人科直通電話TEL.0299-84-1103

産科直通メールsanka@sopia.or.jp

尚、ご質問の内容により、回答にお時間を頂戴することもありますので、予めご了承下さい。